神さまのブログ【完結】

ライトなラノベにエントリーしてみた新城館です。 なんとか完走。星空が文字列に見えちゃう人の話です。

初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

ポツポツと、等間隔に並ぶ街灯を頼りに、

山の上公園までの坂道を下り、コンビニまでの道を歩いていく。

山の上公園周辺は、住宅地からは少し離れているため夜になると極端に暗くなる。
道を照らすものは、疎らな街灯と、少ない住宅の灯りだけだ。

僕の視界の大部分を占める暗がりの道は、
光が灯る所だけがこの世に存在しているのではないかと錯覚するほど、
酷く不安定に思える。


もう何度も行き来している道ではあるが、
この時期の夜は比べ物にならないほど暗く、何度通ってもその歩みは慎重になる。

宇宙に点在する異なる世界を渡り歩くような気分で、
慎重に進んでいくと、一際主張の激しい世界に辿り着く。


水色の看板が特徴的な、行きつけのコンビニ。

というほど通っているかと言うとそうでもないが、
山の上公園に通い出してからは、たまに顔を出すようになったコンビニだ。

駅からも、住宅地からも離れている立地のためだろう、僕以外の客がいた記憶はない。

さて、いつ雲に動きがあるかわからない。
さっさと肉まん買って、公園に戻らねば。

「えー、肉まん2コ、ください」
 
レジで注文をしつつ、店員を見る。
ん?すげー見られ、てる?

「ねえ、いつもこんな時間になにしてんの?」
 
思わず耳を疑う。
正直NPCくらいにしか思っていなかったコンビニ店員が、
なんだかプライベートにまつわることを、聞いてくる。

なにフランクすぎだろこの店員。

「……あんた、わかってないでしょ?」
 
ちょ、わかるって、ん?

「え……あ、あぁ!同じクラスの!!」

「てゆうか、今日が初めてじゃないんだけどね。いままでまったく気付く素振りがないんだもん」

「す、すいません…。でもほとんど話したこと無いし、さ」

「まあいいけど。で、なにしてんの?」

「いや…星を観に」

「……ふーん。肉まん210円ね」

「は、はい」

聞いといてなにその興味のなさ。
きっちり210円、お釣りなしの小銭を差し出し、肉まんを受け取る。

声には出さず、会釈のみでその場を後にする。

自動ドアが反応し、凍りついた外気が店内の温度を数度下げたのを感じた。

「ありがとうございましたー」

クラスメイトの気の抜けた対応を背に感じながら、コンビニを後にする。

外は相変わらず、空虚な暗闇の中に、ポツポツと頼りなげに世界の断片が浮かんでいる。
 
片方の肉まんをポケットに収め、カイロ代わりにぬくもりを感じながら、
もう片方の肉まんをモグモグとほうばる。

どうせならあったか~いお茶でも買えばよかったと思いながらも、
またコンビニに戻るのは少し気まずい。

諦めて、既に温度が下がりだしている肉まんをポケットの中に感じながら
暗闇を慎重に進み、坂を越え、再度山の上公園へ向かった。


『  ゎテ
 カレの             らけだったな。
   進化の可能
      ワタシの気持                     』


たしかに雲が動きは見せていた。
でもさっきより隠れちゃったね。

時間は既に22時を廻っている。
もうしばらく待ってみるか?

ただ流石に寒すぎる。
それはそうだ、こんな真冬の年の瀬に周りに人気のない吹きさらし。

「っひっくしゅ!くっしゅん!!っっぐしゅん!」

うん、寒すぎ。

ポケットの中ですっかりカイロの役目を終えていた肉まんをほおばる。

ぬるいな。

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→★  

初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

「今日は全国的に曇り空が広がり、一日中、不安定な天気が続くでしょう。
 一部地域では雨の可能性もあるので、折り畳み傘を持っていると安心かもしれません」

お天気お姉さんの言うとおり、
朝からチラついていた雲は、昼になっても晴れることはなく、
より一層濃くなっているように感じる。

まだ雨こそ降っていないものの、あと二時間後に雨だといわれれば納得できるような空模様だ。



授業を終え、放課後を通り過ぎ、帰宅しても、結局雨が降ることはなかった。

ただ空模様は回復することはなく、夜の帳が降りた後でも、相変わらずの曇り空だ。
徐に部屋の窓から夜空を眺める。


『テラキドー』


建物間の中の雲間に謎の言葉が見えた。

なんだよテラキドーって。
まあ、とりあえず観に行くか……。

コートとマフラーを着込み、玄関に向かうさなか、母親に呼び止められる。

「ちょっとちょっと。こんな時間にいつも何しに行ってるの?」

まあ確かにそうだよね。
むしろ何故今まで放置してたし。

相変わらずの放任主義だ。

「星を観に行くんだよ」
まあ、嘘ではない。

「あれ、星なんか興味あったの?言ってくれれば望遠鏡あるのに」

「そうなの?じゃあ貸してよ」
まあ、別に使わないんだけれど。

「そんな急にいわれても無いよ。
お父さんのだし。探しとくよ」

「あっそ。じゃあ見つかったら貸してね」
そう言うと、玄関を開け外に出た。

寒いな。
締めかけたドアの隙間から、風邪引く前に帰りなさい的な忠告が聞こえた。
はいはい、わかってますよーっと。


寒さで軋む体に鞭打ち、山の上公園に辿り着く。


『今日ゎ         ラブラしてきたョ(
 カ      るんだけど、やっぱゴミだらけだったな。
 自       をつぶしちゃったんだね……(´;
 このお陰         えられてるけど、素直に喜       』


案の定、チラつく雲で断片的な文字しか確認ができない。
とてもじゃないが、読めたものではない。

どうするべきか。
ただ待つにしても、今日は風が強いわけではなく、雲の流れも非常にゆっくりだ。

だいぶ体も冷えてきてしまっている。
 
一旦コンビニで肉まんでも買ってこようか。
戻ってくる頃には、雲に動きがあるかもしれない。

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→★  

初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

『金魚鉢にネコにゃん一杯入ってる写真みつけた!!

 どーゅぅことなの?ネコにゃんは液体なの?
 カンペキに溶け合っちゃってるョこれ?!
 すごぃ!ちょーかわぃい!ヾ(´ω`=´ω`)ノ』

たしかに軟体動物かってくらいグニャグニャなときある。


『ネコにゃん持ち上げてる写真!!(☆゚∀゚)
 ちょ、すごぃ!伸びすぎだョ!!ヘビさんの親戚かなにかなの?!(((( ;゚д゚)))』


さすがに爬虫類との血族説はどうかと思うわ。可愛さから遠のくし。


『ネコにゃー自分の顔蹴飛ばして、怒って自分の足に噛みついてる動画!!(゚∀゚)
 バカすぎ!バカかわぃいぃ〜(´∀`*)』

君も割りとバカかわいい系だと思う。


といった具合に連日続く猫ネタで、
もはやスイーツブログというよりも猫ブログの様相を呈してきた昨今。

彼女をこんな猫ブームに放り込んだのはだれだ。
僕も猫は好きだが、こうも連日だと少し心配になる。

……しかし、
ブログにいちいちツッコミを入れている今の自分の方を心配すべきかもしれない。


さらに俯瞰すれば、
真冬の夜、誰もいない公園で、空に向かってブツブツと何か呟いている、
この状況は不審者そのものだ。


しかもその顔は、満足げに微笑んでいると来たもんだ。

早く何とかしないと……。

己を顧みるように夜空を仰ぐ。
 

『ネ にゃー自分の  飛ばして、怒って  分の足に噛みつ
バ   ぎ!バ     ぃいぃ〜』


目がかすむ。断片的に抜け落ちる文字列。

「っくしゅっくしゅんっ」


身体の芯から凍りつくような感覚を思い出す。

寒い。
寒すぎだろ。

もう、帰ろう。

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→ 

このページのトップヘ