初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------
 
『ネコにゃんマヂかわぃい(*´Д`*)
 モッフモフでやわらかそーな体ナデナデしたぃ(*゚∀゚)っ
 プニプニにくきゅー連打したぃよぉ(ノ`Д´)ノ
 ぃつかホンモノのネコにゃんにさわれるかなぁ…』


僕の街と夜空を一望できるの特等席、
山の上公園から眺める、彼女の妙に浮ついた駄文は今日も健在で、
僕の望むものがそこには広がっていた。

ネコにゃんに対する狂おしい想いが感じ取れるものではあるが、
最後の一文が引っかかった。


『ぃつかホンモノのネコにゃんにさわれるかなぁ…』


まさか猫をさわったことないのか?

こんなに大好きみたいな文章を垂れ流しておいて?

考えられる理由は3つ。

1つ、実はそんなに好きじゃない。
2つ、極度のアレルギー。
3つ、諸事情でそもそも遭遇したことがない。

1つ目は違うな。
同じバカでも、彼女は嘘で媚び売るようなバカでは無い。…そうだよね?

3つ目も考えにくい。
軟禁レベルの箱入り娘でもない限り、猫に遭遇しないというのは難しい気がする。


となれば2つ目、アレルギーである線が有力だろう。
近づくだけで涙を流し、クシャミが止まらなくなる人は居る。
彼女もその部類なのだろう。


しかし、クシャミくらいで情けない。
一度くらい無理してでもさわってみろと言いたい。

それだけの価値が猫にはある。


猫なめんな!
とか無責任な事言っていると、

アレルギーなめんな!
とか言われるのだろう。

アレルギーで死ぬ人も居ると言うし。


でも猫のアレルギーで死ぬ人なんているのだろうか。
いくら猫好きでも流石に命懸けちゃうのはどうかと思う。


そういう意味では、彼女には己の距離感で猫を愛でてほしいと思う。


「っくしゅん!」


クシャミで我に返る。
駄文に影響されたのか、どうでもいい脱線考察を脳内で繰り広げていることに気づく。

そろそろ寒くなってきた。


風邪を引く前に帰るべきだろう。

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→