初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

結局僕は丸一日眠り続け、明けた元日の昼過ぎに目が覚めたということらしい。


それだけ寝たおかげか、その日のうちに熱も下がり、体のだるさは消えていた。

治ったついでにその日のうちに夜の天体観測と洒落込もうとした時には、
さすがに母親にお叱りをうけた。


まあ、そうだよね。
むしろ止められなかったら傷つくレベル。僕は愛されていないのか!?
愛なんていらねぇよ。
といった病み上がりから開けて次の日。

今日は、晴天だった。
天気予報によれば、1日天気が崩れることはないとのことで、
絶好の天体観測となるて事だろう。


といっても僕が観測するものは、星ではなく、スイーツ(笑)なブログなのだけど。

来年は受験で忙しいのだろう、ただ二年生のこの時期は、特にする事もなく。
ゴロゴロとテレビをみていたら夕方を過ぎ、まもなく夜の帳が降りようとしていた。

あらかじめ母親には、今日こそ天体観測に行くと伝えてある。

あまりいい顔はしなかったが、
あまり趣味らしい趣味のなかった僕がここ最近ようやく見つけた趣味という事になっている為か、
渋々といった体で了承してくれた。

遅くなりすぎないといことは、再三くぎを刺された。

すっかり日も落ち、星空を望める程の時間帯だ。

さあいよいよ出かけようかというところで、
母親は薄着すぎると普段着ている上着の上にもう一枚着ろと、
いつの間にか僕のタンスから持ち出していたダウンジャケットを手渡す。

だけでは飽きたらず、母親のマフラーを着けろという。

うん、凄いピンク色。

「さすがにこの色はないわ」

「夜だし、誰もみてないよ。いいからつけなさい、寒いから」


放任主義な母親だが、やはり病み上がりということもあり、譲りそうもない。

ここは黙って従うほか無さそうだと諦め、
ジャケットの上にダウンを着込み、ピンクのマフラーを巻いて、家を後にした。



あったけぇ。マフラー凄い。


山の上公園までの坂道。
通い始めた頃は、この坂道で軽く息が上がっていた僕も、
何度も通う内にすっかり慣れ、息が上がることもなくなっていた。

その坂道が少しキツく、軽く息が上がっている病み上がりの今日だ。


ひさしぶりに小さな達成感を感じながら、山の上公園からの展望に辿り着く。


そこには、満天の星空が広がっていた。


本来そこに広がっているはずの星空が、相変わらずにそこにある。

何度もここに通っている間、そこにあり続けていたもの。
僕にとってはとても久し振りなもの。

一拍置いて、自分に起きた異変に気づく。
「な、なんで……」

そんなこと分かりきってる。

信じきれない現実から目を背けるように、目をこすり、再度星空を見上げた。


『     日       ね。
                 キ
     抱            がと
 本       救
        あり       ご      』


目の前に広がる星空の所々に断片的に文字が見える。

この断片から、正しく意味を見出すのは難しそうだ。
あり……がと……?
いやいや、行違うし。

この時僕は、
彼女のブログと断絶されたことを理解した。

----------------------------------------------------------------

続きはこちら→