初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

彼女のブログが見えなくなってから、

数日が経った。

出かけたついでとか、
部屋の窓からなんとなくとか、
たまに見上げた空には星空が広がっていた。

その隙間には、たまに『あ』とか『が』とか断片的な文字が見えたりしたが、
内容までわかるようなものではなかった。
それも毎日ではなく、見えることの方が稀だ。

一度『キス』という文字が見えたときがあった。
断片にしか過ぎず、その文字にはなんの意味もないことはわかっている。
それでもその文字に密かにドキッとしたりした。

明日、定期健診がある。

そこでまもなくの完治が告げられ、
インプラントデバイスを外すことになるのだろう。
そうなれば、手術だ。

手術への恐怖は感じない。

ただ大切なモノを失ったような、空虚さだけが胸の中をぐるぐるとしていた。

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→