初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

完治を知らされた開けの週から学校が始まった。



予定では土曜日に手術、日曜日退院ということなので、
医者には普通通り学校に行って問題無いとは言われた。

が、体は大事だしね!万全を期して学業に復帰します!

ということで月曜日はお休みすると決めた。
このことを、担任には前もって伝えておくべきだろう。

と思ったが吉日、というか吉時?
ホームルームが始まる前に伝えてしまうことにする。

教室に着くと、席にも座らず、荷物だけ置き、
颯爽と職員室に向かい、今週末に手術をすることと月曜日は休むことを伝えた。

僕の怪我の事自体は知っているため、すんなりと承諾してくれたものの、
完治の早さには驚いていたようだった。

伝えるべきことを伝えると、妙な達成感で今日はもうお終いな気がする。
まだホームルームすら始まってないけど。

ホームルームの時間が迫っている為か、やや閑散とした廊下をトボトボ進み、
既に帰りたくなっている気持ちを抑えて自分の席に座る。

まだ担任が来ていないためか、クラスメイト達は各所で雑談に耽っている。

少しして担任が教室に現れると、
各所に固まっていた様々なグループは蜘蛛の子を散らすように各々が席につき、
既に着席していた者は、顔を上げ担任を見やる。


冬休み明け初のホームルームだけあってか、退屈な話が続く。
参った、眠いわ。そう思って目を閉じる。
そのまま意識が消えかけたその刹那、肩を軽く数回叩かれた。

驚いて目を開くと、担任は相変わらず教卓の前で話を続けている。
担任じゃない?後ろ?
振り向くと、見覚えのある女子生徒がこちらを見ていた。

見覚えがあるのはクラスメイトだから当たり前。
そうではなく最近どこがであって会話をした気がする顔だ。


こう思うと、如何に普段、僕がクラスメイトと交流を図っていないかが分かる。
分かりたくはないが。

「あんた、目の手術するの?」

ん?なんで知ってるの?僕のファンなの?ストーカー?
なんて考えた後に、要点だけまとめた
言葉を返す。

「…なんで知ってんの?」

「さっき職員室いたし、そこで聞こえてきた」

「え?なんであんな時間に職員室に」

というか、この娘だれだっけ。

「べ、別にいいじゃん。関係ないでしょ」

なにそれ一方的い理不尽んん。

「こいつ、バイトしてんのバレて呼び出し食らったんだよ」

急に右の方から別の声が割り込む。

バイト?あーあのコンビニ店員か、思い出した。

しかし、割り込んできたこの男子生徒、見覚えがない。
というか、隣なのに見覚えないとか、どんだけなんだ僕。

「ちょっ、サエキ!勝手に言いふらすなし」

「というか、目の手術するんだろ?なにするんだ?別に普通に見えてそうじゃん」

「そんなズケズケ聞くないほうがいいって……」

「いいじゃんかよー、お前が聞き出したんだろ」

なんか聞かれた本人が置いてきぼり気味なんですけど。
まあ隠すほどのこともないので、ありのまま、わかり易い表現で伝える。 

「いや、矯正用の機械が目に入ってるから、それを外すんだよ」

二人が驚いたように目を見開く。

「いやいやいや!痛すぎだろそれ!!うわあああ!!」

サエキ(?)が目を押さえながら悲鳴のような声を上げた瞬間、
クラス中の視線が僕達に向けられる。

「お前ら、五月蝿い」

担任が静かにこちらを睨みつけていた。

-------------------------------------------------------------------
続きはこちら→