初めてお越しの方はこちらへ→
----------------------------------------------------------------

僕の視界いっぱいに広がる星空。

絶え間なく瞬きを続け、飽きもせず尾を引き、流れ落ちる。

僕の目が治ってから、数ヶ月が経った。

季節は、夏を前にして春の陽気を段々と攻撃的なものに変えつつある頃。

この時期の気温は、
暑すぎず、寒すぎない。

今日は非常に天気も良く、絶好の天体観測日和だ。
もはや僕の庭と言っても過言ではない山の上公園で、
一人、望遠鏡のセッティングをする。

正直デブリ次第ではあるが、今日は月と木星の接近が見れるかもしれない。

「またこんなとこで星なんか見てんの?」

徐に後ろから声がかかる。
やや粗野な印象の女子の声。
バイト女子とはよくここで遭遇する。

「そっちこそこんなとこで何してるの。バイトはもうやめたんじゃないの?」

「犬の散歩だし」

そういうと、連れていた豆柴を抱えてこちらに突き出す。

コロコロとした風の体をモキモキしていて可愛い。
目がヤバい、無垢すぎてヤバい。

撫で回したくなる気持ちを抑え、再び望遠鏡のセッティングに戻る。

「僕の唯一の趣味なんだから、別にいいだろ」

「ゴミだらけの星空見て楽しいの?流れ星だって殆どデブリなのに」

「実際の星が見えない訳じゃないし。それに流れ星流れまくりで願い事し放題だよ?」

「だからそれはゴミじゃん」

「でも綺麗だよ?」

「流れすぎて有り難みないし」

「贅沢だなぁ」

贅沢だなあ。夢もない。
より手の届かいない感じが逆にイイ!みたいに思えないのかしら。
思えないか。

「……でも、この空眺めてるとさ、なんか感じるんだよね」

「……なにを?」

「んーなんだろ。想いみたいな」

もう僕が見ることのできない彼女のブログが、
未だにこの星空でたれ流されているかは、わからない。
でも、思わぬ所から現れた彼女の片鱗に驚く。

「ちょ…ちょっと。冗談だってば。
あんたに引かれるとは思わなかったわ」

「……いや、分かる。分かるよ、ミヤベの気持ち」

思わずじっとミヤベを見つめる。
言葉と視線で、理解を示す。

「……だから、冗談だってのに」

居心地悪そうに僕に背を向けると、
ボソボソと聞こえない声で何事か呟きながら、ミヤベは愛犬を撫で回す。

されるがままの豆柴(超かわいい)は、スッとミヤベの手をすり抜け、
公園の入口辺りまでトテテと走ると、そこでワンと一度吠えた。
そろそろ行こうぜ!みたいな感じで。

「じゃあ、私行くわ。あんたも早く帰りなよ」

「わかった。星見たら帰るよ」

小走りに豆柴(激マブ)の元に向かう音を聞きながら、再び望遠鏡を覗き込む。
木星がよく見えない……。

「サカグチ!」

急に名前を呼ばれ、驚いて振り向く。
「また明日、学校で」

そう言うとミヤベは、
普段の表情よりも優しく、そして無邪気に微笑んだ。