季節は夏。

未だ茹だるような暑さが続く9月中旬。

そんな残暑の只中であっても、完全に日が落ちてしまえば、
心地良い涼風が抜けてゆき、木々の声がそれを演出する。

今日はまさに晴天だった。
この森を抜ければ、本来は満天の星空が広がっていることだろう。

懐中電灯の光を頼りに、運動不足にはやや辛い坂道を登り終えた僕は、
小さな達成感を感じながら、目の前に広がる夜景を眺める。



『今日ゎ、チョコクロワッサン食べたョ(*´Д`*)』


目の前に広がるのは星海ではなく、妙にキャピついた字面だ。
あの日以来、これが僕の目に映る星空だった。

「どーでもいいわ」

誰にでもない呟きが、虚しく夜空に響いた。

-------------------------------------------------------------------
続きはこちら→