初めてお越しの方はこちらへ→
---------------------------------------------------------------- 
夕食を済ませ、特にすることもない土曜日の夜。

こんな時こそ、授業の復習と予習を済ますべきなのだろうが、そんな気はさらさらない。

積ん読状態のSF小説でも消化しようと、積み上げられた文庫に手を伸ばす。

取り上げた拍子に積み上げられた文庫本が雪崩を起こし、
それに乗って星座早見表が滑り出してくる。

懐かしい。
幼稚園児の頃だろうか、よく父親と星座を見に行った気がする。

たとえまだ星座が見えたとしても、
今の僕の眼には、脳天気なブログに見えてしまうのだろうが。

もはや慣れては来たが、納得はいっていない。
これからどうなるのだろう。


徐に窓を眺める。
今日はどんな内容が夜の空に広がっているのだろうか。


窓開けてみるだけなら、大した手間ではない。
どうせ暇だし。

カーテンと窓を開け放し、残暑の夜風が部屋に流れ込む。


『もしユメ』


ん?暗号? ではない。

うちの家は、一軒家であり、高さがない。
そのため他の建物に阻まれ、見える星空は限られているのだ。
よって我が家からは夜空のスイーツ(笑)ブログの全貌を把握することはできない。

いや、さすがにね。
しょーもないと分かってるものを見るためにね。
貴重な土曜日の夜を浪費してもね。

いや、まあすることなくて既に浪費してるんだけど。


『もしユメ』?
なにそれ。
もし?if?
ユメ?dream?

いやいや、気になってないし。
本でも読むし。




運動不足の僕にはやや辛い坂道を地道に登る。
今日はやや湿度が高く、歩けば歩くほど蒸してくる。

謎の好奇心に負けた自分が憎い。

たまに吹く風の心地よさだけを頼りに坂道を進んでゆく。


小さな達成感を感じると同時に、山の上公園の展望が開ける。


『もしユメが叶うなら、愛しのあの人にチョコクロあーんってしてあげたぃょ(●´ω`●)
誰が叶えるんだっつーの(ノ`Д´)ノ はぁ……』
「相変わらずどーでもいいな……」

てか自分でツッコむなよ。
そして俺の貴重な土曜日の夜を返せ。

割りと予想通りの内容なのが、余計辛いし。
かといってどんな内容を期待していたんだろう。

やり場のない気持ちをヤキモキしながら、蒸し暑い家路についた。 

----------------------------------------------------------------
続きはこちら→